私たちの仕事にはウラがある
やりたいことをやらせてあげたい
私は大きな企業で人材を歯車のように扱う仕事が嫌でした。人を人として扱い、人材を生かす「人ありきの仕事」がしたい。そのためには起業するしかないと思い、仲間を誘ってジィファムを設立したのです。
当社の社員は能力がありますし、勉強もしています。自信を持って仕事を任せられるのです。だから社員には、本人がやりたい仕事をやらせてあげたい。そのために、毎年個別面談を実施し希望をヒアリングしています。去年は「2010年に自分がどうなっていたいか」を、みんなで色紙に書きました。目標が固まっている人も、まだ漠然としている人もいますが、目標を目に見える形で残すと、実現するためにやるべきことが見えてきます。そんな社員の希望や強みを把握して、それぞれに合う仕事をとってくることが私の仕事なのです。


ヘッドハンティングされるような人材に
これからは「人を育てられる人」を育て、「人間力」で会社を大きくしていきたいと思っています。
どうすればそれを実現できるのか?システムを提供するという、当たり前の仕事しかできない会社は成長しません。成長するためには一歩踏み込んだサービスを提供しなければいけないのです。
だから私は社員によく「感謝の言葉をもらいなさい」と言います。そして「感謝の報告会」を開き、お客様にどれだけ評価されて「ありがとう」と言われたか報告し合うのです。そんな取り組みを習慣化し、社風にしたい。それは、お客様と話して深く理解し、相手の要望に+αを提供できる人に、ヘッドハンティングされるくらいお客様にとって必要な人になってほしいと思うからです。そんな人たちが見本になり、みんなが刺激を受けて自分を磨くようになるのが理想なのです。みんな見本になる可能性があります。資格や経歴は、能力ではなく自分の商品価値を高める飾りでしかないのですから。個人の価値をきちんと評価し、人間力を活かす。その取り組みが、ジィファムの成長を実現するのです。


学生のみなさんへ
当社は100人で100年成長し続ける企業を目指しています。そのために、今後は営業部を新設して新しいジャンル・お客様を開拓したいと思っています。
システム開発の仕事は、近未来を創るものです。誰かの仕事を楽にしてあげたい。問題を解決してあげたい。そんな「思い」と「気付き」が誰かの幸せを作るのです。
必要なのは知識ではなく、ちょっと先のニーズを発見する好奇心。だからこの業界は学歴不問です。
自分の開発するものが誰かを幸せにする仕事の喜びを感じてほしい。新しいことに柔軟に、怖がらずにチャレンジしてほしいですね。

新卒採用の詳細・エントリーはこちら

中途採用をご希望の方はこちら。メールにてお問い合わせください